2009年4月26日

春日無線(TRIO)、9R-42J 通信型受信機 Restore1

9R-42Jに火を入れてみると.....AF出力は出るのですが、電源ハム音がものすごい!!
この製品が出た頃、同時期に9R-4Jというのがありますが、9R-42Jはアマチュアバンドを意識した設計で、1.6-3.5Mc帯が抜けています。
フロントの様子です。
9R-42J_Front_RS2b.jpg
続いて内部、シャーシ内の様子です。
9R-42J_Insaide2_RS.jpg

9R-42J_Bottom_RS.jpg

さて、レストアをはじめるにあたって、ハム音がすごい!!←これは電源の平滑コンデンサが一番怪しい。
平滑後の波形をオシロで観測したら....
9R-42J_Ripple_RS.jpg
なんと40Vp-pものリップルがのっていました。

PCベースのオシロスコープ

AF段にこの電源が供給されていれば、ハム音も納得できます。
電源の平滑コンデンサが一番怪しいので容量をテスターでチェックしました。
低容量の指示が出ていたので交換しました。
9R-42J_Cap3_RS.jpg
右が交換前についていた電解コンデンサ。左が交換したコンデンサです。
交換後の様子です。
9R-42J_Cap4_RS.jpg

この交換を行って、受信してみると....各バンドガンガン受信できる状態になりました。
でも、Sメータの不良、AVC動作不良がありますので、更にレストアをいたします。

オークション出品中の通信型受信機

2009年4月18日

TRIO JR-200 通信型受信機 取り扱い説明書

JR-200のトリオ通信型受信機キット組立説明書です。
JR-200_Manual1.jpg

全18ページです。
回路図も掲載されています。
JR-200_Manual2.jpg

JR-200_Manuals.pdf"PDFファイルでアップロードしました。

2009年4月13日

TRIO JR-200 通信型受信機 Restore

TRIOブランドで販売されていた、JR-200のレストアを行いました。
久しぶりに電源を入れたのですが....ランプ、ヒーターは点灯するのですが、AF出力が出ない。
週末にRestoreをいたしました。

まずは本体の様子です。
JR-200_Front_RS.jpg

リアの様子です。シャーシに錆が出ています。
JR-200_Rear1_RS.jpg

まずはAF段からチェックしました。
いつものことなのですが、コンデンサ類がNGになっていました。
AF段のコンデンサを交換し、AF用の6AR5の第一グリッドにSGから1kHzの信号を印加し、スピーカー端子をオシロで確認したのがこれです。
JR-200_AF1_RS.jpg
上がスピーカー端子出力、下が印加波形です。
スピーカー端子には高周波成分が重畳していますが、可聴周波数ではないので無視します。
コンデンサ交換で、AF段はOKのようです。

次にDET、IFと行くのが定石なのですが、RF段の確認をしました。
アンテナ端子にSGを接続し、RF段、MIXER出力をオシロスコープで確認したのですが、C Band, D BandのMIXER出力が出ていませんでした。

RF段は動作しているようなのですが..... Local発振を疑い、局発出力をオシロスコープで確認しましたら、上記バンドで発振が不安定になっていました。

最終的には、局発コイルパックと局発用真空管、6BE6のグリッドを接続するコンデンサが未接続になっていました。
コンデンサの片側のリードが外れた状態、というか接続の形跡が無い。
発売当時からこの状態であったと思われます。
接続してやると....各バンド発振を始めました。
これは局発出力(20MHz)の波形です。
JR-200_Local_20MHz_RS.jpg

発振はうまくいったのですが、MIXER出力がおかしい.....
よくよく見ると、真空管がおかしい....
MIXERが6BE6 のはずが、6BA6 がささっている。
また、一段目のIFが6BA6 が本当なのですが、6CB6 がささっている!?
オリジナルの配線は改造されていないので、手持ちの真空管に差し替えました。
JR-200_Repair.jpg
1が交換した真空管。2が未接続だったコンデンサ、3が交換したコンデンサ類です。

AGC用のコンデンサもいつものように不良になっていましたので、交換いたしました。
青いコンデンサが交換したものです。
JR-200_Chenge_CAP.jpg

後はBFOの発振周波数の確認です。
JR-200_BFO_RS.jpg
下がSGから入力した455kHzの信号で、上がBFOの出力波形です。
ほぼゼロビートの状態にして、調整完了。

後はコイルパックの調整を行って完了です。
ローバンドの感度はものすごいものがありました。
アンテナをつけなくてもAM帯は受信できました。
高い周波数帯は、それなりに感度が落ち込んでいます。

JR-60のレストアをした後ですので、この受信機は比較的楽に終えました。
オシロスコープ、DSO-5200を手に入れたこともその助けになっています。

PCベースのオシロスコープ

気になる点は、ハイバンドの感度低下と、ハイバンドでのSメータ動作が不十分であるところです。

2009年4月12日

TRIO JR-500S 通信型受信機 動作確認

1967年3月販売開始の通信型受信機、JR-500Sの動作確認を行いました。
こんな受信機です。
JR-500S_Front_RS.jpg

◆定格:
受信周波数:3.5-4.0Mc 80mバンド
        7.0-7.3Mc  40mバンド
        14-14.35Mc 20mバンド
        21-21.45Mc 15mバンド
        28-28.5Mc  10m(A)バンド
        2805-29.1Mc 10m(B)バンド
        29.1-29.7Mc 10m(C)バンド

使用真空管: 7球+2トランジスタ
等々....

中の様子です。
JR-500S_Inside_RS.jpg

糸掛けからギアドライブに機構が変更されています。
VFO_Gear.jpg

内部配線の様子です。
JR-500S_Bottom_RS.jpg

アンテナ、スピーカーを接続し、動作させてみました。
ガンガン受信します。
メカニカルフィルターの効果で良い選択度が得られています。
この辺はハムバンドを考慮した設計です。
気になる点は、AGCの効きが甘いのか、ローバンドの受信ではRFゲインを絞ることが必要です。
これと関係するのか、Sメータの動作が不良です。
しかし、ちゃんと受信するので....レストアはいたしませんでした。

2009年4月11日

春日無線(TRIO) MARKER GENERATOR SG-3

春日無線工業時代に、TRIOブランドで販売していた計測器、『マーカー発振器』 SG-3です。
現在で言う、信号発生器ですね。

1960年代前半に販売されていたものと思います。
今回紹介するマニュアルは、後期モデルだと思います。
初期型では搭載されていない、ビート確認用のスピーカーが内蔵されています。

SG-3_600.jpg

SG-3_2_600.jpg

基本波、二次高調波でカバーする周波数範囲は、3.75-280Mcです。
また、400c/sのAM変調を掛けることができます。

中には、スイープジェネレータ:WO-1とオシロスコープ:CO-3Kと併せた、TV受信機の映像IF回路調整法が記載されています。

こちらが回路図です。
SG-3_3_600.jpg

信号発生器

PDFファイルでアップロードしました。
SG-3マニュアル

2009年4月 5日

TRIO JR-500S 通信型受信機 インストレーションマニュアル

WEBでダウンロードできるPDFファイルです。
RadioAmateur.EUの所有物のようです。
著作権等心配なのですが、サーバーにアップロードします。
問題があるようでしたらすぐに削除いたします。

JR-500_Manual1.jpg

JR-a500_Manual2.jpg
英語ですが、回路の動作説明が書かれています。

ファイルはこちらです。
Trio_JR-500_user.pdf

2009年4月 4日

TRIO 9R-59DS 通信型受信機 取り扱い説明書

9R-59DSの取扱説明書です。
9R-59DS1.jpg
取扱説明書のトップページが、カラーになっています。

内部のページです。
9R-59DS2.jpg
前頁で18ページくらいのマニュアルです。
回路図もついています。
9R-59DS3.jpg

PDFファイルでアップロードしました。
9R-59DSa.pdf