2008年12月 2日

USA出版の過去から現在までの短波受信機スペック雑誌

アメリカで出版されている、1942-1997年製の短波受信機の詳細を記載している雑誌です。
雑誌名は『SHORTWAVE RECEIVERS』で、ありとあらゆるメーカーの受信機が紹介されています。
EDITIONが3rdですので、結構売れている雑誌かと思います。
sw_receivers1.jpg

以前紹介したALLIEDのスピーカーのメーカーも載っています。
sw_receivers2.jpg
TRIOの受信機のようですが.....

有名なHallicraftersの受信機も、満載されています。
sw_receivers3.jpg

2008年11月16日

Lafayette(春日無線) HE-10 受信機 詳細

春日無線が海外ブランド、Lafayetteで販売していた受信機、HE-10です。
国内では9R-4Jの型式で、TRIOブランドで販売されていました。
HE-10_3a.jpg
通信型受信機として設計されており、送信機との連携も考慮されています。
シャーシ内の状態です。
HE-10_3b.jpg
HE-10_3c.jpg

構成は、RF:6BD6、MIX:6BE6、OSC:6BE6、IF二段:6BD6x2、検波:6AV6、BFO,ANL:6AV6、AF PA:6AR5、整流:5Y3の9球構成です。

受信帯域は、中波帯~短波(30MHz)です。

HE-10_3d.jpg

HE-10_3e.jpg
久しぶりに火を入れてみましたが、受信できており、Sメータが振れたのには感動しました。

2008年11月 3日

Lafayette HE-10 受信機

TRIOがOEMブランド、『Lafayette』で海外販売していた受信機、HE-10です。

構成は9R-4Jとまったく同じ。

フロントパネルのブランド名および型番の違いだけです。

HE-10_1a.jpg

 

HE-10_2a.jpg

2008年11月 1日

所蔵受信機の面々

引越しを機に、所蔵している受信機(一部無線機、アクセサリ)を並べてみました。

部屋に埋もれていたものもあり、こんなにあったのかと驚いています。

ALL_Equipment1a.jpg

春日無線の時代に販売された6R-4Sから、TRIO時代の受信機、TRIOがOEMで海外ブランドで販売していたLafayetteブランドのHE-10、そしてもっとも復旧した9R-59シリーズ、JRシリーズ等々大量に出てきました。

順番に紹介していこうと思います。

2008年10月28日

LAFAYETTE(TRIO 現Kenwood)真空管テスター TE-15(2)

TE-15本体に内蔵されるマニュアルです。

最初は、『Operating Instructions』です。

計測器の使い方が記載されております。

TE-15Manu1.jpg

 

そして、計測器の設定表です。

 

TE-15Manu2.jpg

 

真空管のリストがあり、各真空管に対する設定が記載されています。

設定表はこんな具合です。

TE-15Manu3.jpg

 

こんな様に、計測器本体にすぐに必要なマニュアルを内蔵するというのは非常に便利です。

最近の測定器ではあまり見かけませんが、過去のHP(Hewlett-Packard)の測定器にはよくついていました。

とても便利な機能なのですが、最近は見ないですね。Webで調べるなんていうことが無かった時代ですが、この方が使い勝手は良いと思います。

 

2008年10月20日

LAFAYETTE(TRIO 現Kenwood)真空管テスター TE-15

Lafayette社製の真空管試験機、TE-15です。

現在のブランド、『Kenwood』が海外販売をするブランド、『Lafayette』で販売された物です。

当時の国内ブランドは『TRIO』でした。

 

Tube_tester.jpg

きれいな商品でしたので、Yahooオークションで落札いたしました。