2009年2月22日

KENWOOD ワイドバンドレシーバー

KENWOODが販売していた、広帯域受信機、『RZ-1』です。
RZ1_Front.jpg

1DINサイズで作られており、車載も考慮された設計です。

Spec.は、
 受信周波数範囲:500kHz~905MHz
 電波形式:AM,FM(N&W)、TV(NTSC) 等です。
RZ1_Spec.jpg

リアパネルの様子。
RZ1_rear.jpg

内部の様子。
RZ1_inside.jpg

オールバンドですが、次のバンドがプリセットされています。
1. AM放送帯   504-1629kHz
2. FM放送帯   76.1-89.9MHz
3. TV放送帯   1-62ch(アナログ放送)
4. エアバンド   118-135.99MHz
5. アマチュア   144-145.99MHz
6. マリンバンド  156-161.995MHz
7. アマチュア   430-439.99MHz
8. パーソナル   903-905MHz
もちろんこのバンド以外の周波数、短波放送、業務無線等を受信できます。

各バンド、短波での表示です。
AM.jpg RZ1_SW.jpg AIR.jpg FM.jpg

TVの映像出力端子(VIDEO、STEREO AUDIO)端子を装備しています。
TV_out.jpg

モニタを接続して映像、音声が出力されるのを確認しました。
ショートワイヤーでの受信でしたので、映像が乱れています。
RZ1_TV.jpg

JR-60と並べて短波帯を聞いてみました。
個人的にはJR-60のような昔のダイヤル式のほうがSWLの醍醐味を感じます。
RZ-1はオールバンドが売りなので、若干感度が低い感じです。短波帯はJR-60のほうが高感度でした。

ワイドバンドレシーバーをオークションで探す

2009年1月11日

Kenwood、通信型受信機 QR-666 詳細

Kenwoodブランドで完成品として販売されていたQR-666です。
長波(170kHz)から短波(30MHz)までカバーするオールバンド受信機です。(IF周波数を除く)

QR666Front.jpg
フロントパネルの様子です。

こちらはリアの様子。
QR666Back.jpg
ロッドアンテナが装着されております。
任意のアンテナ端子に接続して簡易的に受信することができます。

これは内部の様子です。
QR666Inside_Top.jpg
オールソリッドステート化されていますが、真空管時代のレイアウトが受け継がれています。
QR666Inside_Bottom.jpg
この時代でも『コイルパック』は健在です。

通電して受信してみましたが、中波、短波放送がしっかり受信できました。
真空管受信機に比べて格段に受信感度が向上しています。

オークション出品中の通信型受信機

2008年12月16日

TRIO スタンドマイク MC-50 Instruction Mamual

30年以上前に、アマチュア無線にはまっていた頃.....
標準とも思われたスタンドマイク、MC-50のインストラクションマニュアル(英語版)です。
MC-50manu.jpg
全4ページです。
アップロードします。
MC-50_Instruction_manual_s.pdf

2008年12月 2日

USA出版の過去から現在までの短波受信機スペック雑誌

アメリカで出版されている、1942-1997年製の短波受信機の詳細を記載している雑誌です。
雑誌名は『SHORTWAVE RECEIVERS』で、ありとあらゆるメーカーの受信機が紹介されています。
EDITIONが3rdですので、結構売れている雑誌かと思います。
sw_receivers1.jpg

以前紹介したALLIEDのスピーカーのメーカーも載っています。
sw_receivers2.jpg
TRIOの受信機のようですが.....

有名なHallicraftersの受信機も、満載されています。
sw_receivers3.jpg

2008年11月24日

kencraft、kenwood 通信型受信機 QR-666

1970年代、BCLが流行していた時代にTRIOから販売された通信型受信機、QR-666です。

QR-666_1a.jpg
上がkencraftからキットとして販売されたQR-666。
kencraftはTRIOのキット製品のブランドで、QS-500等の50MHzSSBトランシーバなどが有名です。

下はkenwoodブランドになっていますので、完成品販売されたものと想像します。

QR-666_2a.jpg
上のQR-666にはオプション設定のFM帯チューナーが内蔵されています。

2008年11月19日

Kenwood JR-500S 通信型受信機

Kenwoodブランドの真空管受信機です。
受信周波数は、
3.5-4.0MHz
7-7.3MHz
14-14.35MHz
21-21.45MHz
28.0-28.5MHz
28.5-29.1MHz
29.1-29.7MHz
となっています。
構成は真空管7球+2トランジスタです。

販売時期は1967年3月で、販売価格(定価)は37800円です。
JR-500S_1a.jpg

2008年11月 1日

所蔵受信機の面々

引越しを機に、所蔵している受信機(一部無線機、アクセサリ)を並べてみました。

部屋に埋もれていたものもあり、こんなにあったのかと驚いています。

ALL_Equipment1a.jpg

春日無線の時代に販売された6R-4Sから、TRIO時代の受信機、TRIOがOEMで海外ブランドで販売していたLafayetteブランドのHE-10、そしてもっとも復旧した9R-59シリーズ、JRシリーズ等々大量に出てきました。

順番に紹介していこうと思います。