2008年11月30日

TRIO JR-310 受信機 詳細

JR-310を解体してみました。
フロントパネルの様子は、こちらです。
Front_R1.jpg

内部の様子です。
JR-310_Inside.jpg
一部ソリッドステート化されています。
また、IFTコイルも新旧混載しています。
PCBも使用され、真空管⇒トランジスタへの変革が伺えます。

RF Tuneのベルトが切れており、ゴムベルトで補修しています。
JR-310_Belt.jpg

先に紹介したスピーカーと並べた状態です。
JR-310_Line.jpg 同じデザインです。

ALLIED スピーカー A-2514 TRIOのOEMスピーカー

TRIOがOEM先であるALLIEDに供給していた通信機用スピーカー、A-2514です。
Front1.jpg
デザインは、当時の310シリーズにあわせてあります。

Front2.jpg

2008年11月29日

所蔵受信機の面々

引越し作業も終盤に来て、棚に受信機の一部を整理しました。
春日無線、TRIO時代の6R-4、9Rシリーズ、JRシリーズです。
ALL_Equipment4.jpg

引越しに伴い、いろいろと忘れていた物が出てきましたので、順次紹介したいと思います。

2008年11月21日

TRIO JR-500S 通信型受信機 回路図

JR-500Sの回路図です。
RF:6BZ6 MIX&Lo:6BL8 発振には水晶(固定)を使用しています。
IF二段:6BA6x2 IFTはメカニカルフィルタにグレードアップです。
等、これまでの受信機からかなり贅沢になっています。
VFOにはトランジスタを採用しています。
JR-500Sa.jpg

JR-500S_sch_a.pdf

2008年11月19日

Kenwood JR-500S 通信型受信機

Kenwoodブランドの真空管受信機です。
受信周波数は、
3.5-4.0MHz
7-7.3MHz
14-14.35MHz
21-21.45MHz
28.0-28.5MHz
28.5-29.1MHz
29.1-29.7MHz
となっています。
構成は真空管7球+2トランジスタです。

販売時期は1967年3月で、販売価格(定価)は37800円です。
JR-500S_1a.jpg

TRIO JR-310 受信機

TRIOブランドで販売された『高性能標準型SSB受信機』として謳われた受信機です。

ペアの送信機として、TX-310が同時販売されています。
VFOにトランジスタを採用し、周波数の安定化をはかっています。

受信周波数範囲は、3.5MHz~51.5MHzとなっており、当時AMが主流だった50MHz体にセンセーショナルな話題を提供しました。

構成はトランジスタ、FET、真空管の混載です。
50MHz帯のコンバータ部は半導体化され、以降のHF帯は従来の真空管にて構成されています。
JR-310_a.jpg

2008年11月14日

TRIO JR-200 通信型受信機

TRIOの7球、高一中一受信機です。
キット組み立て説明書の特徴に、『ジュニア向けオールバンド受信機』と記載されており、当時の入門機であったようです。

-特徴-
1. 540Kc~31Mcまで連続して受信できる、ジュニア向けオールバンド受信機です。
2. 大型Sメーターを使用していますので、信号の強弱が簡単にわかります。
3. 出力トランスを内蔵していますから、お手持ちのスピーカーを簡単に接続できます。
4. 付属回路として、ANL、AVC,MVC、BFOの各回路がついています。 (以上抜粋)

JR-200_1a.jpg

2008年11月 3日

内部構造 TRIO 6mコンバータ付高一中二受信機 JR-60

JR-60の内部です。

14本のMT管が整然と配置されています。

JR-60_inside_up.jpg

 

シャーシ内部はこちら

JR-60_inside_down.jpg

キットの製作だとは思うのですが、とても綺麗な配線です。

こんな配線ができる初代持ち主に感服します。

2008年11月 1日

所蔵受信機の面々

引越しを機に、所蔵している受信機(一部無線機、アクセサリ)を並べてみました。

部屋に埋もれていたものもあり、こんなにあったのかと驚いています。

ALL_Equipment1a.jpg

春日無線の時代に販売された6R-4Sから、TRIO時代の受信機、TRIOがOEMで海外ブランドで販売していたLafayetteブランドのHE-10、そしてもっとも復旧した9R-59シリーズ、JRシリーズ等々大量に出てきました。

順番に紹介していこうと思います。