2009年3月29日

TRIO 9R-59DS 受信機 詳細

スタンダードな受信機と知られている、9R-59DSです。
受信帯域は、550kHz~30MHzまでをフルカバーしており、ハムバンドはバンドスプレッド対応です。

IFにはメカニカルフィルターが採用されており、選択度の向上がされています。

受信周波数範囲
    550-1600kHz
    1.6-4.8MHz
    4.8-14.5MHz
    10.5-30MHz

追加できるアクセサリーとして、
 ・低電圧放電管の追加(0A2/VR-150MT)
   VFOの安定化ができます。
 ・キャリブレーション回路(較正回路)の追加
   FT-243水晶片をを装着することで、周波数較正ができます。
   本機は装着されておらず、ON/OFF配線が削除されています。
   RF Gainボリュームを右に回しきるとONになる構成です。

フロントパネルの様子です。
9R-59DSFront.jpg
9R-59D以降、周波数読み取りがダイアル式になりました。
ハムバンド用には良いのかもしれませんが、短波放送受信には以前の直線式(?)のほうが使いやすいです。

内部の様子です。
9R-59DSInside.jpg
右奥に定電圧放電管、通称スタビロが装着されています。

そしてシャーシ内部の様子です。
9R-59DSBottom.jpg
プリント配線板(PCB)が採用されているので、以前の受信機に比べすっきりした配線になっています。

状態も良く、手を入れることなく各バンド良好に受信できました。

オークション出品中の通信型受信機