2021年9月25日

DDS(Direct Digital Synthesizer)ユニットにLPFを設置

先日工作したDDSに、アンチエイリアシングフィルタを追加挿入しました。
DDS基板には元からカットオフ10MHzの7次LPFが挿入されていました。また、その特性インピーダンスが200Ωとなっていましたので、DDSの出力インピーダンスを50Ωとして、特性インピーダンス50ΩのLPFに組み替えることにしました。

■LPF仕様
カットオフ周波数 : 60MHz
特性インピーダンス : 50Ω
フィルタ形式 : 5次チェビシェフ、 リップル0.5dB

60MHz_chev_cir.jpg
青色の素子値は設計値です。
これをE12系列で入手可能な素子値にしたのが赤色のものです。
Filter_chara.jpg
青色のグラフが元の設計値特性(計算値)です。
赤の特性は素子値を変更したものの特性で、素子値をそれぞれ5%程度大きくしたため、特性そのものに大きな変化がなく、カット負周波数が5%程度低くなった感じです。

コンデンサは手持ちのセラミックコンデンサがあったのですが、インダクタは市販のものを購入すると時間がかかるので、空芯コイルを手巻きで作りました。
手巻きコイルの製作(測定)方法は、前回のブログを参照してください。

5th_Chev.jpg

Nyquist.JPG
これはアンチエイリアシングフィルタがない、50MHz出力時のスペクトラムです。

50MHz_sprious500.jpg
これがフィルタを挿入時のスペクトラムです。だいぶおとなしくなってくれました。

10MHz、50MHz出力時の広帯域スプリアス(~2GHz)の様子です。

10MHz_sprious2000.jpg
50MHz_sprious2000.jpg
フィルタの特性を簡単に実測できないので、バラック実験で途中になっているトラッキングジェネレータを早くくみ上げようかと考えています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/118

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)