2021年7月19日

8592AのTG化 -IFアンプの実験-

トラッキングジェネレータの出力用増幅部です。
周波数範囲は、8592AのAバンド、0-2.9GHzです。
必要な利得は、後から周波数-振幅特性を補正することを考えると、15~20dBは欲しいところです。
使用したのは、ミニサーキットのGALI-S66+です。
Data_sheet1.jpg
Data_sheet2.jpg
実験用のプリント基板を手づくりしました。
GALI-S66+_1.jpg GALI-S66+_2.jpg
GALI-S66+は+9Vでドライブしますが、ローカル信号用アンプ、YSF382+を駆動するための+5Vのレギュレーターも搭載しました。

作成したIFアンプの周波数 vs 利得特性を測定しました。
F_vs_Gain.jpg
ミキサのIFポートの高域減衰に、本アンプの高域減衰が加味されるので、補正回路が必要になりそうです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/112

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)