2021年7月20日

8592AのTG化 -バラック実験-

トラッキングジェネレータを構成する各ブロックの実験が終わったので、すべてをバラックで組み、実験をしました。
Barrack_test_1a.jpg
IFアンプを挿入し、TG出力レベルが上がりました。
Barrack_test_2.jpg
しかし、2800MHz付近でディップが発生しています。
IFアンプの入力段を手で触ってみると、ディップの状態が変化します。
ミキサのIFポートとIFアンプの入力段の間で何か起きているようです。
DBM(パッシブ)を初めて知った40年前には、OMから『DBMは各ポートのSWRが高く、リターンロス改善のためのパッド(ATT)を入れなさい』と教えられていました。
Barrack_test_1.jpg
3dBのアッテネータをミキサとIFアンプの間に挿入すると、ディップが改善されました。
Barrack_test_3.jpg
DBMのIFポートとIFアンプの入力段の間で、定在波が立っていたようです。

Barrack_test_4.jpg
TG出力を8592AのRF入力に接続し、スペアナのノーマライズを行った後にTG出力をオフにした時のノイズレベルです。
Aバンドフルスパン(Res BW:300kHz)時に40~60dBのダイナミックレンジが得られています。
8592Aの最小Res BWは1kHzなので、65~85dBのダイナミックレンジが得られます。

ここまでの実験で、8592A用のトラッキングジェネレータが構成できることがわかりました。
これまでの基本構成に加え、いろいろな機能を追加しようと考えています。
その構成を考えてプリント基板を作成し、制御用プログラムを作り......、完成までだいぶ時間がかかります。
何か進展があったらまた報告します。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/113

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)