2021年7月17日

8592AのTG化 -パッシブミキサの実験-

パッシブミキサ(DBM)の実験を行いました。
DBMの各入出力信号は以下の通りです。
・ローカル信号 : 3.62GHz近辺
・RF信号    : 3.6~6.5GHz(8592Aの1st Local信号
・IF信号    : 0~2.9GHz(TG出力信号)

ミニサーキットのMCA1-60+を使用します。
MSA-60+_Data.jpg
IFポートの周波数範囲が、DC-2000MHzとなっているのが若干気になります。

生PCBにパターンをカットして基板を作りました。
MSA1-60+_1.jpg MSA1-60+_2.jpg
RF信号に8592Aの1st Local出力を接続し、LoポートにはADF4350から3620MHz、+6dBmの信号を入力しました。
8592Aの1st Local出力信号周波数を変化させて、IFポートの振幅を測定しました。
MSA-60+_Gain.jpg
IFポート出力が、RFポート周波数が高くなるにつれて低下していきます。
これはIFポートの周波数が高くなるにつれて、変換損失が増大するためと思われます。
MSA-60+_IF.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/110

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)