2021年7月16日

8592AのTG化 -ローカルアンプの実験-

パッシブミキサ(DBM)を駆動するための、ローカル信号増幅器です。
前回、PLLシンセサイザ:ADF-4350の出力を観測しましたが、3620MHzでの出力レベルは最大で+6dBm程度でした。
DBMを駆動するのには7~10dBm程度は必要で、DBMのリターンロス改善用パッドを挿入することを考えると、10~13dBmは欲しくなります。

今回使用するデバイスは、ミニサーキットのYSF-382+です。
YSF-382+_1.jpg
YSF-382+_2.jpg
周波数範囲、Gain、P1dB等、要求仕様を満足しています。

PCBをカッターで加工して、実験用基板を作りました。
YSF-382+_3.jpg
YSF-382+_4.jpg
実装が終わり特性を測定しようとしたら、異常発振が観測されました。
このデバイスは裏面にGNDのパッドがあり、この部分が不完全な半田付け状態だったのが原因でした。
YSF-382+_GND.jpg
GNDパッドと接触する基板部分と、デバイスのGNDパッド部分に薄く半田揚あげをして、基板のGND部分をはんだごてで熱して接続します。
YSF-382+_Gain.jpg
周波数に対する利得がだいぶばらついていますが、単一周波数での使用なので気にしません。3620MHz近辺での利得は+11dBとなっています。
YSF-382+_in_out.jpg
出力が+15dBm以上でも飽和していませんので、DBMの駆動に十分使えます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/109

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)