2009年9月27日

春日無線 6R-4S + Signamax 動作確認

6R-4SとSignamaxを接続して動作確認をしてみました。
6R-4S_Signamax.jpg

高周波増幅部を持たない6R-4Sでは、プリセレクタの効果を実感できました。
感度が確実にアップします。
Signamaxにはゲイン調整つまみが付いていますが、LowBANDではMax.では発振します。
発振すれすれが高感度を得られている感じです。

ついでに同時期に販売されていた9R-4シリーズを並べて記念撮影!!

6R_9R_lineup.jpg
壮観です。

通信型受信機をオークションで探す

2009年9月23日

春日無線 プリセレクタ Signamax SM-1 詳細

プリセレクター、Signamaxを観察してみました。
高周波増幅段を持たない受信機の感度向上とイメージ除去に有効なアクセサリです。
Signamax_Front.jpg
3.5Mc~30Mcを3バンドでカバーしています。

Signamax_meihan.jpg Signamax_Inside.jpgのサムネール画像

銘板を見ると、カナダの輸入会社になっています。
内部はすっきりとまとまっています。
チューニング用のバリコン、二本の真空管と電源トランスが配置されています。

Signamax_Tubes.jpg Signamax_Bottom.jpg

使用されている球は6BA6 が日本です。
Westinghouse社製の真空管ですが、私は始めて見ました。カナダの会社なのでしょうか?

シャーシ内部はコイルパックが配置されています。

通信型受信機をオークションで探す

2009年9月21日

春日無線(TRIO)、6R-4S 通信型受信機 詳細

6R-4Sは、1955年頃にアマチュア無線入門用として販売された6球通信型受信機です。
同時期に販売されていた9R-4シリーズの廉価版で、高周波増幅段が無く、IF増幅部も段数が少なくなっています。
また、Sメータ回路も省略されており、リアに配置されたUYソケットを利用して外部Sメーターアダプタを接続するように推奨されています。

仕様
 周波数帯 --------- Aバンド 550-1600kc
              Bバンド 1.6-4.8Mc
              Cバンド 4.8-14.5Mc
              Dバンド 11-30Mc
 中間周波数 ------ 455kc
 使用真空管 ------ 周波数変換  6BE6
              中間周波増幅 6BD6
              検波       6AT6
              AF出力増幅  6AR5
              整流       6X6
              ANL/BFO   6AT6

6R-4S_Front_800.jpg 6R-4S_Rear_800.jpg


内部の様子です。
6R-4S_Inside_600.jpg 6R-4S_Bottom_600.jpg

写真には写っておりませんが、本機はアウトプットトランスつきのパーマネントダイナミックスピーカーが内蔵されていました。

いつものようにショートワイヤーアンテナをつないで動作確認いたしました。
全バンド、良好に受信することができました。

高周波増幅段を持たない本機、0V1,0V2といった受信機用の高周波プリセレクタ『Signamax』というアクセサリも販売されていました。
次回にでも紹介いたします。

オークション出品中の通信型受信機

2009年9月20日

春日無線 通信型受信機9R-4シリーズ 勢揃い




9R-4シリーズ4種類のレストアが完了しました。
手放す前に4台まとめての記念撮影(?)を行いました。
サムネイルで表示しますが、今回は大き目のサイズでアップロードしています。
9R-4series_All.jpg
それぞれの筐体の色の違い、つまみ、スイッチの違いがわかると思います。

9R-4_9R-4J.jpg 9R-42_9R-42J.jpg

左の二台が、オールバンド通信型受信機の9R-4シリーズです。
9R-4と9R-4Jの表面上の違いは、9R-4JでBFOピッチ調整の追加と、トグルスイッチがスライドスイッチに変更された点です。

右の二台はアマチュアバンドを意識した設計になっており、各バンドのチューニングメモリがアマチュアバンド(3.5Mc、7Mc、14Mc)で始まるようになっています。
このため1.6Mc~3.5Mcが欠落しています。

次に紹介する機種は? 6R-4しかないかな!?

2009年9月 6日

春日無線(TRIO)、9R-42 通信型受信機 Restore最終

9R-42のレストア最終回です。
RF/IF段の動作チェックならびに再調整です。

本機にはRuby Conというオイルコンが多用されており、すべて交換かなと思っていたのですが、比較的状態がよく、容量チェックしてもOKな物が多く、RF/IF段は交換いたしませんでした。
AVC用のコンデンサ(0.1μF)だけは外観がおかしくなっていたので交換しました。

部品交換も終わり、再調整へと移行しました。
まずはIF段、IFTの調整を行いました。
ミキサー段(6BE6)のグリッドに1kHz、80%変調の455kHzの信号を入力し、検波段(6AV6、オリジナルは6SQ7)のグリッドに接続したオシロスコープ波形、FFTスペクトラムで出力を確認しながら三段のIFTの調整を終えました。

調整の様子です。
9R-42_Tuning_RS.jpg


使った計測器は、変調機能の付いたDDS発振器、DDS-3X25と、FFT機能の付いた200MHzオシロスコープ、DSO-5200です。
ともにパソコンをホストとして使用し、USB接続で使用できる便利な機器です。
両方とも中国、青島にあるHantek社製のものです。
9R-42_TestEquipment_RS.jpg 9R-42_TestEquipment_Disp_RS.jpg


PCベースのオシロスコープ

IF段の調整が完了し、各バンドの周波数トラッキング調整と感度調整を行いました。
使った測定器は同じです。
アンテナ端子にAM変調を行った信号を接続して、IF出力をオシロで監視し、低周波出力をスピーカーの音で確認して行いました。

調整が一通り終わり、ケースにしまう前に内部の様子を記録しました。
9R-42_Last_Bottom_RF_RS.jpg 9R-42_Last_Bottom_AF_RS.jpg

左がRF/IF段の様子、右が検波/AF/整流部の様子です。

9R-42_Last_Bottom_Trans_RS.jpg 9R-42_Last_Insode_.jpg

左がBFO発振部、電源部と追加した低周波トランスです。右はリアからのシャーシ上部の様子です。

シャーシをケースに収めようとしたら....何か変! 収まらない!!
リアに追加したスピーカー端子が外部ケースに当って収まらない!
うっかりしていました。スピーカー端子を縦に配置しなおしました。
9R-42_Last_Rear.jpg

外部ケースの清掃と、つまみの清掃を行って完了です。
9R-42_Last_Front.jpg

これで4種類の9R-4シリーズがすべて動作、レストア完了です。
10MHz帯の中国の放送を聞くのが私の楽しみです。