2009年4月12日

TRIO JR-500S 通信型受信機 動作確認

1967年3月販売開始の通信型受信機、JR-500Sの動作確認を行いました。
こんな受信機です。
JR-500S_Front_RS.jpg

◆定格:
受信周波数:3.5-4.0Mc 80mバンド
        7.0-7.3Mc  40mバンド
        14-14.35Mc 20mバンド
        21-21.45Mc 15mバンド
        28-28.5Mc  10m(A)バンド
        2805-29.1Mc 10m(B)バンド
        29.1-29.7Mc 10m(C)バンド

使用真空管: 7球+2トランジスタ
等々....

中の様子です。
JR-500S_Inside_RS.jpg

糸掛けからギアドライブに機構が変更されています。
VFO_Gear.jpg

内部配線の様子です。
JR-500S_Bottom_RS.jpg

アンテナ、スピーカーを接続し、動作させてみました。
ガンガン受信します。
メカニカルフィルターの効果で良い選択度が得られています。
この辺はハムバンドを考慮した設計です。
気になる点は、AGCの効きが甘いのか、ローバンドの受信ではRFゲインを絞ることが必要です。
これと関係するのか、Sメータの動作が不良です。
しかし、ちゃんと受信するので....レストアはいたしませんでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/75

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)