2009年4月 5日

PCベースのオシロスコープ DSO-5200 USB

調子の悪い受信機を整備、再調整するときに便利な測定器がいくつかあります。

1. テスター
 各部の電圧チェックにこれは必須ですね。
 古い受信機のチェックには、コンデンサの容量が測れると便利です。

2. 周波数カウンター
 ローカル発振周波数、BFO等の発振源の周波数調整に必要です。
 局発周波数を誤ってイメージ周波数に合わせてしまう心配がなくなります。
 正確な周波数管理に必要です。

3. 信号発生器(SG)
 安定した信号源があると、RF、IF、AF部の調整が簡単です。
 JJY(標準電波)の無い今では、一台そろえておくと便利です。
 理想的には変調の掛けられ、レベルを制御できるものが良いのですが、私は50MHzまでのDDSで代用しています。

4. オシロスコープ
 3.の信号発生器と併せて、各部の調整に便利です。
 AFの調整、IFの調整、発振出力の確認等に使用します。
 短波受信機の調整ですと、100MHz帯域は欲しいですね。
 併せてプローブの性能も重要です。

5. スペクトラムアナライザ
 これはあったら便利です。
 ただし価格が高い。
 受信機の調整にはオシロスコープで何とかなりますが、送信機の歪、スプリアス等の測定には必須です。

中古の100MHzオシロを持っているのですが、観測データをデータとして記録したいということから、PCベースのオシロスコープを探していました。

そこで見つけたのが、今回紹介するPC-OSCILLOOSCOPE、DSO-5200です。
メーカーは中国青島のHantek社のようです。
日本でもOEMブランドで販売しているようですが、オークションで安かったので購入しました。

外箱です。
DSO-5200_box.jpg

そしてこれが本体。
2chの入力と、外部トリガー入力を備えています。
DSO-5200_Front.jpg

こちらにはキャリブレーション出力があります。1kHz、2Vp-pの矩形波です。
DSO-5200_Rear.jpg

付属品は、200MHzプローブ2本、PC接続ケーブル、インストレーションマニュアル、ドライバ&アプリケーションCDです。
DSO-5200_ACC.jpg

アプリケーションをインストールして、使ってみました。
まずは、プローブのキャリブレーションを兼ねてCAL出力の観測。
CAL_out_RS.jpg
左が観測画面、右上が周波数、電圧各種計測画面、そして右下が操作パネルです。

FFT(高速フーリエ変換)機能がついていますので、このCAL信号のスペクトラムを観測してみました。
CAL_FFT_RS.jpg
Dutyが50パーセントの矩形波ですので、奇数次の高調波が観測されています。
画面左下には、高調波レベルを自動的に表示しています。

手持ちのDDSの出力を観測してみました。
周波数が40MHzのサイン波です。
40MHz_Mesure_RS.jpg
このくらいの周波数だとカウンターの周波数に誤差が出るようですね。
FFTで観測すると、基本波の周波数が50MHzをなって表示されました。(1.25倍)
アプリケーションソフトの演算にバグがあるのではないかと思っています。
まあ、しょせんFFTなので参考程度に考えています。

一体型のオシロスコープに比べると若干性能が劣るかなという感じですが、記録(画面、データ等)機能、ノートPCと併せたポータビリティ(電源不要)を考えると満足です。
沢山の機能があるのですが、まだ使いこなせていません。

PCベースのオシロスコープ

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/72

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)