2009年3月 1日

TRIO JR-60 リペア その3

今回は、発振関係のチェックを行いました。
Local発振器とBFOです。

周辺回路です。
OSC_sch.jpg

まずはLocal発振の確認から。
Local発振は、バンドことに周波数帯が異なります。
AM帯(0.55-1.6MHz)とSW1(1.6-4.8MHz)帯のLocal 発振は確認できたのですが、SW2(4.8-14.5MHz)の発振をしていませんでした。(50MHz帯も共通)
調べた結果、バンドSWの接点接触不良でした。
Local_SW.jpg

接点不良を直して、発振の確認をしました。
こちらがAM帯のLocal 波形です。
Local_AM.jpg

そしてこちらがSW2帯のLocal 発振波形です。
Local_10MHz.jpg
AM帯に比べて振幅が半分以下ですが、発振するようになりました。

このレベル差がハイバンドの感度低下の一因なのかも知れません。

そして次がBFO部です。
波形を確認したところ、SSB/CWモードで綺麗に455kHzの発振をしていました。
BFO_OSC.jpg

本機のレストアは、まだまだ続きそうです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/66

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)