2009年2月22日

KENWOOD ワイドバンドレシーバー

KENWOODが販売していた、広帯域受信機、『RZ-1』です。
RZ1_Front.jpg

1DINサイズで作られており、車載も考慮された設計です。

Spec.は、
 受信周波数範囲:500kHz~905MHz
 電波形式:AM,FM(N&W)、TV(NTSC) 等です。
RZ1_Spec.jpg

リアパネルの様子。
RZ1_rear.jpg

内部の様子。
RZ1_inside.jpg

オールバンドですが、次のバンドがプリセットされています。
1. AM放送帯   504-1629kHz
2. FM放送帯   76.1-89.9MHz
3. TV放送帯   1-62ch(アナログ放送)
4. エアバンド   118-135.99MHz
5. アマチュア   144-145.99MHz
6. マリンバンド  156-161.995MHz
7. アマチュア   430-439.99MHz
8. パーソナル   903-905MHz
もちろんこのバンド以外の周波数、短波放送、業務無線等を受信できます。

各バンド、短波での表示です。
AM.jpg RZ1_SW.jpg AIR.jpg FM.jpg

TVの映像出力端子(VIDEO、STEREO AUDIO)端子を装備しています。
TV_out.jpg

モニタを接続して映像、音声が出力されるのを確認しました。
ショートワイヤーでの受信でしたので、映像が乱れています。
RZ1_TV.jpg

JR-60と並べて短波帯を聞いてみました。
個人的にはJR-60のような昔のダイヤル式のほうがSWLの醍醐味を感じます。
RZ-1はオールバンドが売りなので、若干感度が低い感じです。短波帯はJR-60のほうが高感度でした。

ワイドバンドレシーバーをオークションで探す

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinsen.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)